-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-29 01:17 | カテゴリ:出来事
我が家の長男5歳は、イタリア語で4ケタ(千の位)の数字が言えるようになりました。

もっと小さい頃からお風呂の中で、夫がイタリア語の数を数える練習をさせていました。

その地道な努力で1~100まで言えるようになり、100の位・1000の位は英語同様のかたちに変化するのでメカニズムさえ分かれば言えるようになっていったようです。

でも、急にコツをつかんだのか言えるようになってびっくりです!

問題の数字を日本語で言うと、イタリア語で答える。

正解するのが楽しくて、もっと・・・もっと・・・と真っ赤な顔してお風呂場で練習問題!


そんな長男に今日は夕飯に使うほうれん草を畑から採ってきてもらうお手伝いを頼みました。

私  「ほうれん草の大きい葉っぱを20枚位採ってきて」
息子 「は~い」
 (ほうれん草を抱えて戻り)
息子 「採ってきたよ~」
私  「Grazie mille!」”グラッツェ ミッレ”(ありがとう)
息子 「え?? Grazie 31“トレントゥーノ”でないん? なんでmille“ミッレ”なん?」
私  「Grazie に mille(1000)をつけると1000回位たくさんのありがとうって事よ。」
息子 「ふ~ん」

ところで 何故 Grazie 31って言ったんだろう?とは思ったけど追求せず。


その後、お料理の手伝いをしてくれていた息子に

私  「ほうれん草20枚って生だといっぱいあるけど茹でると少ないね~」
息子 「違うよ!31枚」

あっ!!それで「GRAZIE 31」なんだぁ(笑)

子供の発想って面白いです・・・

にほんブログ村 グ<br /><br /><a href=にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へ
にほんブログ村
  ↑ ↑
ポチっとお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。